神奈川県横浜市西区の徳井内科クリニック

糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病は今や国民病となりつつあります。それらの管理を誤り悪化させてしまうと動脈硬化による血管合併症(脳梗塞、心筋梗塞)で寿命を縮めてしまうことになりかねません。当クリニックでは院長のキャリア(元慶応義塾大学医学部腎臓内分泌代謝内科助手、元横浜市立市民病院内科副医長)を最大限に活かして、医師、看護師(糖尿病療養指導士)のチーム医療を行い、適切なアドバイス、指導、治療をさせて頂きます。また、「患者さんに健康的に長生きして頂く」事を目標に診療しておりますので、全身の定期的チェック、診療、治療もきめ細かく行わせて頂きます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA